すべてのくらしは25条から 11.26埼玉集会(リレーメッセージ)

生活保護基準、年金の引下げ、介護保険の後退など、社会保障がますます削減され、その影響は弱者だけでなく多くの国民に及び、私たちの生活は厳しさを増しています。
国民のくらしを守るため、生存権を保障する憲法25条について一緒に考えましょう。
11月26日、「すべてのくらしは25条から 11.26埼玉集会」が開催されます。是非ご参加ください。

「すべてのくらしは25条から 11.26埼玉集会」
日時:11月26日(土曜)14時~16時40分
場所:埼玉県県民健康センター 大ホール
(〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町3丁目5−1)

160916%e6%86%b2%e6%b3%95%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e5%86%99%e7%9c%9f

(弁護士 古城英俊)

「安保法が成立してから、まもなく1年が経ちます。」(リレーメッセージ)

安保法が成立してから、まもなく1年が経ちます。

安保法は成立しましたが、廃止を求める運動はまだ続いています。
安保法制違憲訴訟も各地で提訴されています。

まだできることはあります。
(弁護士 德永美之理)

その声が,いのちを守る希望になる。

%e3%81%9d%e3%81%ae%e5%a3%b0%e3%81%8c%ef%bc%8c%e3%81%84%e3%81%ae%e3%81%a1%e3%82%92%e5%ae%88%e3%82%8b%e5%b8%8c%e6%9c%9b%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%80%82

「おことば」が意味するもの

2016年8月8日に「象徴としてのお務めについて」、天皇から国民へビデオメッセージが発せられた。

「おことば」と称する発言の中に、「象徴」が7回も使われている。

すでに年齢は80歳を越え、これまでのように全身全霊をもって象徴の役目を果たしていくことが難しくなる。天皇が象徴であると供に、国民統合の象徴としての役割を果たすため、明確な表現は避けつつも、生前退位の意向、意思が伝わってきた。

この「おことば」から読み取れる天皇の意思に対し、安倍首相や日本会議の「天皇を神格化し、神の力を持って再び国民を支配するため、憲法改正ではなく新憲法の制定」との目論見は真っ向から対立するものである。

国政に関する権能を持たない天皇が、言葉を慎重に選び、推敲を重ねたであろう「おことば」が、私には、この日本国憲法を改正し、最終的には明治憲法に回帰するような新憲法制定を最終目的とするような現政権、日本会議などを牽制し、痛烈に批判したものと感じられた。

おそらく新憲法制定など、現天皇が最も忌み嫌うところであろうし、その地位を国民支配のために政治利用されることは、決してあってはならないことなのである。

まだ命があるうちに、天皇は戦後の日本国憲法を遵守し、今後も国民の象徴として在るべきとの姿勢が、次世代以降にも脈々と受け継がれていく道をつくっておきたい、というのは考えすぎだろうか。

最後に、私は必ずしも天皇制に肯定的な考え方を持つわけではない。(事務局 長沢)

 

sirogiku

 

 

「総裁任期の延長」(リレーメッセージ)

自民党の総裁任期は党則で連続2期6年までとされていますが、自民党内では、ここ最近、再び、連続3期9年までに改定すべきだという議論がわき起こっています。

かつて、中曽根総理の時代に、自民党の総裁任期が特例で1年延長されたことがありますが、それ以外、今まで延長されたことはありません。

今回このような議論がされているのは、自民党がまれにみる長期安定政権を樹立できたと考えており、この政権のもとで長期間の政治運営を行っていきたい、安倍首相のもとで首相の悲願である憲法改正を成し遂げたい、と自民党が考えているからだと思います。

憲法改正の国民投票が今後行われることは確実視されていますが、ますます憲法改正が現実味を帯びてきたなと感じました。                (弁護士 黒澤瑞希)

新しい憲法の話

 

そろそろ夏休みも終わります。(リレーメッセージ)

夏休みと言えば、ラジオ体操。42日分の欄がある出欠カードを手渡され、通った。42個ハンコをもらっている子も少なくなかった。当時は早起きはいやだったが、今となってはなつかしい。朝の散歩のときに第一だけはそらで覚えて実践している。
最近の子はラジオ体操はしないそうである。これから4~50年もすると、公園でラジオ体操しているおじさんもいなくなるのであろう。さびしい限りだ。
夏休みと言えば、広島・長崎、終戦記念日。私の通っていた熊本のごく普通の公立小学校は、一時期、夏休みの登校日は、8月6日と21日だった。原爆や戦争の悲惨さを学校で学んだ。今の子は8月6日が何の日だか知らないらしい。寂しいだけではすまない話だ。
(弁護士 髙木太郎)

ラジオ体操

難民選手団(リレーメッセージ)

今回のリオデジャネイロオリンピックでは、内戦や政情不安などで他国に逃れたシリアやコンゴ民主共和国、エチオピア、そして南スーダンから10人の選手が選ばれ、「難民選手団」として初めて参加しました。

五輪で初めて難民選手団が結成されたのは、難民問題がこれまでになく深刻な状況となっているからで、
2015年末時点で、世界中の難民の数は6,530万人に達しており、第二次世界大戦後、最大の人数を記録しています。

IOCは、「五輪でこの10人のアスリートが活躍する事が、世界中に住む難民たちの希望となり、世界中の人々が難民の問題に関心を寄せることを期待する」との声明を発表しています。

競技観戦を楽しむと同時に、難民問題について考えるきっかけとしても、リオ五輪に注目したいところです。

img_251274fe716aa44bc7044e7759ae4f6f172214
開会式で入場する難民選手団

(事務局 山本)

平和への想い(リレーメッセージ)

 71年前の1945年8月6日午前8時15分、第二次世界大戦末期の広島に、実戦として世界初の原子爆弾が投下されました。
 8月6日は、長崎の8月9日と共に「原爆の日」として、犠牲者を追悼し、核兵器根絶の実現や平和を祈念する式典等が行われています。式典に参加しないまでも、各々黙祷し、それぞれの平和への想いを胸にした人は多いのではないかと思います。
 今年は、ちょうどオリンピックの開会式の日でした。日本時間の8月6日午前8時15分、その時間が日本にとって特別な時間であることを意図し、その時間に合わせ日系移民にまつわるストーリーが展開されました。
 原爆の日は、人類史上まれにみる悲惨な日。でも、世界に平和を発信する特別な日として、日本人の心にいつまでも残していかなくてはいけない大事な日です。

PK2016080702100004_size0
リオデジャネイロ五輪の開会式で、日の丸が入った衣装を着て日系移民を演じるダンサー

(弁護士 南木ゆう)

「2016平和のための埼玉の戦争展」へようこそ

2016平和のための埼玉の戦争展(表)戦争展の準備は,学園祭のようです。
ノリやら端布やら,ビニールやら,絵の具やらが飛び散ってます。
準備をしながら,色んなおしゃべりが飛び交います。
新しくお手伝いに加わった人や,しばらく見かけない人や,
数年ぶりに復活した人や。
おにぎりや,ジュースや,アイスや,麦酒の差し入れ。
ほーいほーいよどんじゃらほい。
戦争までと戦争からと戦争後と,歴史を学び,これからも世界が平和へ向かって行くように。
埼玉の戦争展は,みんなで手を繋いで,老いも若きも楽しみながら開催にこぎつけます。
ぜひお越しください。
(事務局 松田)

高校生の政治活動(リレーメッセージ)

先日、選挙権の年齢が18歳以上に引き下げられてから初めての参議院議員選挙が行われました。
この選挙前に、高校生の政治活動・選挙運動Q&Aのリーフレットを県立高校の校門前で配布しました。
政治は、若者の日常生活にも影響を与えるものです。
政治への関心を持ちましょう!

(弁護士 德永美之理)

1 24
3配布したリーフレットより