憲法Caffè

埼玉総合法律事務所の所員が、憲法に関わる催しや学習会のお知らせ、感想、考えていることなどを、随時アップします!

TEL.048-862-0355

〒330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町7-12-1 東和ビル4階
埼玉総合法律事務所
スタッフブログ

反対のその先を

デモ行進が苦手です。
ビラ配りが苦手です。
拡声器が苦手です。

なにか方法はないでしょうか。

例えば、物語の力で。
例えば、音楽の力で。
例えば、お金の力で。

例えば、判決の力で。

反対!の先の提案を。

(弁護士 竹内和正)

この日何の日?

もうすぐ12月8日が巡ってきます。ジョン・レノンの命日?確かに。38年前のあの事件もものすごいショッキングな出来事でしたが。でも、この日は日本人が忘れてはならない日です。そう、1941年のこの日、日本軍が真珠湾攻撃をした日です。日本は無謀な戦争に突入し、自滅しました。日本人は戦争の高い代償の末に平和と民主主義を手に入れました。

しかしながら、ここ数年、歴史の歯車が逆回転を始めたかの如き日本の政治と社会の情勢を見るにつけ、平和と民主主義の土台が崩れ、同じ過ちを繰り返してしまうのではないかという強い危惧を感じる今日この頃です。
事務局 A・K

「11月2日、選挙供託金違憲訴訟、原告尋問が実施されます」

私たち供託金違憲訴訟弁護団は,我が国の選挙供託金が,世界で最も高額であり,国民の憲法上の権利である立候補の自由及び議員資格の平等
(憲法15条1項,44条)等を侵害していると考える弁護士によって結成されました。

我が国における選挙供託金制度は,衆議院及び参議院の比例区で600万円,衆議院及び参議院の選挙区で300万円となっています。
このように極めて高額な供託金制度の下では,国政選挙に参加したいと考える一般市民が,自由に立候補することが極めて困難な状態にあるといえます。
また,世界各国をみても,そもそも立候補時に選挙供託金を必要としない国も多数存在しますし,また,選挙供託金制度を有する国であっても, その金額は,我が国の選挙供託金と比較すると遥かに低額です。

本件の選挙供託金違憲訴訟は,2014年12月14日に行われた第47回衆議院議員選挙の小選挙区に立候補しようとしたものの, 300万円の供託金を用意することができず,立候補届が受理されなかった方が原告となり,立候補の自由等を侵害されたことによって 精神的苦痛を被ったとして,300万円の慰謝料を被告国に請求する国家賠償請求事件です。

私たちは,2016年5月27日に本訴訟を東京地方裁判所に提訴しましたが,2018年11月2日14:00から東京地方裁判所103号法廷にて
第10回口頭弁論期日が行われます。
この期日では原告本人の尋問が実施されます。
この原告尋問で選挙供託金制度の不合理さをみなさまに理解して頂ければと思います。

弁護士 鴨田譲

選挙供託金違憲訴訟を支える会 ← 署名もお願いしています!

全国一斉1万件審査請求

今年10月から3年かけて生活扶助基準が160億円引下げられることになり、
10月1日、第1回目の引下げが行われました。

生活保護の基準が引下げられると、最低賃金や就学援助の基準など
国民生活に大きな影響を及ぼすことになります。

10月9日と10日に実施された全国一斉ホットラインでは、5年前にも引下げられたのに、
また引下げられて切り詰めることができない、今後の生活が不安、などの声が多数寄せられました。
5年前の引下げに対しては、審査請求の後、引下げが憲法違反であるとして、29の都道府県で裁判が係属中です。

今回の引下げに対しても、まずは全国で1万件の審査請求運動に取り組みます。

(弁護士 古城英俊)

審査請求やってみよう! みんなで声を上げよう!! ←こちらをクリック(^^)/

 

 

「戦争体験者の声」

9条改憲が急がれる世の中。もう一度、戦争について考え、想像する必要があります。
戦争というものはどういうものか、遠くで起こっている自分に関係ないことでは済まされないはずです。

戦争体験者がどんどん亡くなり、戦争のリアルな現実を体験した声を直接聞く機会がなくなってきてしまっています。
様々な体験者の証言を綴った本「1945←2015 若者から若者への手紙」を、英訳して、電子書籍にして世界中に届けようという2020プロジェクトに賛同したいと思います。
(弁護士 南木ゆう)

若者から若者への手紙電子化資金寄附チラシ(南木)

2020プロジェクトについて

「9条が好きと言えなくなって・・・」

「非戦を選ぶ演劇人の会」というのがあって,
「ピース・リーディング」というのをやっていて,
その台本がネット上で公開されています。
先日,友人たちとこの台本を読んでみました。

国会前や駅頭で,不特定多数の見知らぬ人たちには「憲法守れー!」「九条壊すな!」と叫んだり,
学習会や集会やその後の飲み会では,みんなで熱く日本国憲法のすばらしさを語り合えるのに。

家族とは語り合えるか?
親戚の人とは?学校や職場では?
趣味のサークルでは?
保護者会の友人とは?
自治会のご近所さんとは?

「九条が好き!」といえる雰囲気じゃない。
政治の話は御法度
そういう空気があるから
なんとなく・・・

だれも「ダメ」なんて言ってないし,
逮捕もされないのに,
私たちは自分でそんな空気を忖度している。

日本の国を形を決めている憲法なのに,
自分たちのものなのに,
なぜ話題にすることを御法度にしてしまったのだろう・・・。

(事務局 松田)

「平和憲法を守るパレード」

去る9月19日(水)、埼玉弁護士会主催の「平和憲法を守るパレード」に参加しました。
お昼の12時過ぎに埼玉県庁を出発し、浦和駅まで、多くの弁護士と、市民の皆さんと歩きました。

パレードを先導する女性弁護士が、
「平和憲法は、世界に誇れる日本の宝だー!」
「自衛隊を戦地へ送るなー!」
「秘密保護法、共謀罪は今すぐ廃止ー!」
とかけ声をかけ、後ろに続く皆で、
「そうだー!」
と叫びながら、秋晴れの中を進みました。

パレートを見た1人でも多くの方が、憲法について考えるきっかけになってくれればいいと思いました。

(事務局 Y)

「自衛隊の何がイケン」か

「国民みんなが感謝をしている自衛隊を憲法に明記して存分に働いてもらう。いつまでも違憲扱いでは頑張っている自衛隊に失礼ではないか?」。
こんな論調で安倍改憲がすすめられようとしている。しかし、国民の多数が感謝しているのは、災害復興に取り組む自衛隊であり、国民は海外で殺し殺される自衛隊を望んでいない。
安倍改憲は後者の自衛隊をまるごと憲法で容認するものだ。

イラク日報が明らかになった。
15000ページを超える資料を通読した人の受け売りだが、この日報には、自衛隊がイラクの協力者を使い、イラクの反政府勢力の動向を調べていたことが記載されているそうだ。
この情報は米軍などと共有され軍事行動にも使われる。つまり人道支援ではなく、軍事行動の前提となるスパイ活動を行っていたことになる。
このような活動まで、多数の国民が支持しているものではない。

「自衛隊に失礼だから憲法に書き込む」は論理の飛躍であり、あまりに危険なことである。

(弁護士 髙木太郎)

「大久野島を知っていますか?」

大久野島(広島県竹原市)は近年では「ウサギの島」として知られ、観光客も多いようですが、「毒ガスの島」とも呼ばれており、太平洋戦争で使用するための毒ガスが製造されていました。
また、毒ガス製造は徹底的に秘密にされ、戦時中は島の存在自体が消され、「地図から消された島」という異名もある島です。

私は幼いころ、父の仕事の関係で広島県に住んでいたことがあり、家族で大久野島へ行った事があります。
私が行った当時は、まだ資料館等は建設されておらず、毒ガス製造の史実が広まり始めたばかりのころでした。
幼かった私は、海で遊ぶのに夢中で、島に残る要塞等を直接見ることはありませんでしたが、母と兄達はほとんど手付かずの遺跡にとても衝撃を受けたと、今でも話してくれます。

戦争の被害者であると同時に加害者でもあること。
大久野島はそれを直接見て、聞くことが出来ます。

幼いころには見に行くことが出来なかった遺跡を、今度こそ見に行きたいなと思っています。

(事務局 H)

ベルリン

先日、ドイツのベルリンを訪問し、ベルリンユダヤ博物館やベルリンの壁の跡地へ行ってきました。
そこには、戦時中の写真や使用されていたものが展示されていたりしました。
中には、これから射殺されるのではないかと思う場面の写真や収容所かどこかへ連行されていくと思われる場面の写真もありました。
第二次世界大戦や冷戦時代のドイツの様子は映画や書籍で見聞きすることが多かったですが、実際にその痕跡を目の当たりにすることで、戦争の悲惨さを改めて感じました。
この人たちも今であれば罪に問われるようなことをしていない普通の人だったのでしょうから、自分がこの人たちのような立場であったらと考えると強い恐怖を感じます。

二度とこのような悲劇は起きないでほしいと心から願うばかりです。

(弁護士 鈴木満)