憲法Caffè

埼玉総合法律事務所の所員が、憲法に関わる催しや学習会のお知らせ、感想、考えていることなどを、随時アップします!

TEL.048-862-0355

〒330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町7-12-1 東和ビル4階
埼玉総合法律事務所
「JUSTICE」

「JUSTICE」

中国人戦争被害賠償請求事件弁護団が、その裁判の始まりから内容、証言、裁判にまつわる経緯などを記載した書籍を発行した。

弁護団の弁護士がどういう経過で、その事件に取り組むことになったのか、中国の当事者の人から聞き取った内容、被害者やそれに関わった方の思い、戦後50年も以上も過ぎてから取り組まざるを得なかった理由など、いろいろ知りたい情報が詰まっている。

トランプのような科学軽視は日本でも政権やそれに近い人の間では顕著だ。自然科学だけではなく、社会科学にも及んでおり、歴史学では「過去の事実に目をつぶる」こととして現れている。私たち自身が、正しく「過去の事実」を知ることの大切さを、改めて感じさせてくれる書籍である(高文研、2750円、注文先FAX03-3853-1209)。

(弁護士 髙木太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加

«